スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友政懇偽装献金 首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)は29日、東京地裁(平木正洋裁判長)の初公判で「間違いございません」と起訴内容を認めた。公判では証人尋問は行われず、被告人質問、検察側の論告求刑、弁護人の最終弁論を経て即日結審する予定。判決は4月中に言い渡される見通し。

 起訴状によると、勝場被告は04~08年、友政懇の収支報告書について、個人献金欄に死亡していたり、実際には献金していない延べ270人の寄付者名を記載した2985万円▽記名の必要がない5万円以下の「匿名献金」約1億7700万円▽パーティー券収入約1億5300万円--の計約3億5900万円を水増しして記入し提出した(虚偽記載)とされる。

 さらに首相の関連団体「北海道友愛政経懇話会」(室蘭市)に首相の母安子氏(87)と姉から05~08年、毎年各150万円、計1200万円の献金を受けながら収支報告書に記載せず(不記載)、06~08年のパーティー券収入3000万円を虚偽記載したとされる。

 安子氏からは08年までの5年間で約9億円が勝場被告にわたり、この一部が虚偽記載の原資になったとされている。鳩山首相は02~09年に安子氏から贈与された金額は計12億4500万円に上り、贈与税として約6億970万円を納付したと発表している。

 勝場被告は東京地検特捜部の調べに対し「(鳩山氏が)政治家として資金調達能力がないように見られたくなく、国民から支持されている政治家に見せたかった。自分が資金調達を怠っているように見られたくなかった。独断でやった」などと供述していた。

 鳩山首相は昨年12月の起訴後の会見で「政治団体、政治家個人、プライベートな経費を含め勝場にすべてを任せていた。母からの資金提供も全く承知していなかった」と釈明していた。容疑不十分で不起訴になった鳩山首相については、市民団体が検察審査会に審査を申し立てている。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:「さらに究明を」首相が談話
中国毒ギョーザ:対日配慮か 首相相互訪問にらみ
友政懇偽装献金:首相元秘書、即日結審へ
小林千代美議員:首相、北海道連代表に対応一任
地下鉄サリン15年:遺族、首相らが献花 健康被害なお

ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
保護者と性的関係=区立小校長を更迭-東京・江戸川(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…(産経新聞)
<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)
スポンサーサイト

裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)

 家庭内で暴力を振るう広汎性発達障害の長女(20)の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた元団体役員、菅野一夫被告(56)の裁判員裁判の判決公判が29日、奈良地裁で開かれた。石川恭司裁判長は「とっさの激情にかられた犯行で、実の父親に命を奪われる結果は重大」として、懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 弁護側は「首を絞めた認識はなかった」として傷害致死罪の適用を求め、殺意の有無が争点となった。

 石川裁判長は、県警の当初の取り調べに殺意を認めた菅野被告の供述について、「被告しか知り得ない内容がある」と信用性を認定。弁護側の主張を退け、「『このままでは家族全員が不幸になる』と殺意を持って首を絞めた」とした。

 判決によると、菅野被告は昨年7月30日、自宅で長女の首を両手で絞め、窒息死させた。

【関連記事】
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「わが子をゴミ扱いした」
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは
「800万円の定期預金崩したくない」と一万円札を偽造男に猶予刑
裁判員裁判 被害者の複雑な心境、目の当たりに 和歌山
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%

小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
<殺人未遂>容疑の39歳母を逮捕 11歳長男重体 盛岡(毎日新聞)
「ヤミ専従」98人に 北海道開発局 国交省が4119人処分へ(産経新聞)
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕-佐賀県警(時事通信)
天皇、皇后両陛下 京都・平等院を訪問 (毎日新聞)

介護施設「利用者本位のサービス提供を」-日医委員会(医療介護CBニュース)

 日本医師会は3月24日、日医の「介護保険委員会」(野中博委員長)が唐澤祥人会長に答申した「生活を支える医療を目指して」を公表した。答申では、現状の介護保険3施設間の連携や調整が「十分でない」と指摘。こうした現状は「提供者優位のサービス提供に他ならない」として、「利用者本位のサービス提供に立ち返るべきだ」と訴えている。

 同委員会は2008年7月、唐澤会長から地域完結型の医療・ケア体制について諮問され、10回の会合を重ねて答申を取りまとめた。

 答申では、12年度の診療報酬と介護報酬の同時改定に向け、「介護保険3施設と医療提供体制の課題」など優先度の高い6項目について課題と方向性を示した。

 答申では介護保険3施設について、医療を必要とする際に、病状に応じた適切な医療機関に転院する仕組みとして設定されているものの、利用者側は他施設への移動を望まず、「終末期をも施設で終える例も近年増加している」と指摘。

 かかりつけ医や特別養護老人ホームの協力医療機関が必要な医療保険サービスを安心して提供できるような医療保険と介護保険の仕組みを、12年度までに検討する必要があるとしている。


【関連記事】
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長
医師会共同利用施設は無くてはならない存在―日医委員会
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」-日医
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ

進退協議「申し上げることない」小林千議員(読売新聞)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
女性米兵、任意聴取で飲酒ひき逃げ認める(読売新聞)
教え子暴行元教諭、改めて懲役30年=「長期に繰り返し悪質」-広島高裁(時事通信)

屋内用留め具を誤使用=劣化で外れ、架線接触か-JR埼京・山手線トラブル(時事通信)

 JR埼京線新宿-池袋間で23日夜に停電し、同線と山手線などが一時運転を見合わせたトラブルで、JR東日本は24日、停電の原因となった目白駅(東京都豊島区)の駅舎に敷設された通信ケーブルについて、誤って屋内用の留め具で固定していたと公表した。本来は屋外用を使うが、屋内用だったために留め具が劣化してケーブルが垂れ下がり、架線と接触した可能性が高いという。
 同社によると、関連会社が昨年1月、線路上を横断する格好で、目白駅庁舎の屋外にある手すりに高速データ通信用ケーブル(ワイマックス)を固定する工事を実施した。
 その際、紫外線による劣化に強い屋外用の樹脂製留め具で固定するはずだったが、実際に使われたのは紫外線に弱い屋内用のものだった。 

乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
<児童ポルノ>日弁連が「単純所持」禁止…規制で方針転換(毎日新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
<掘り出しニュース>不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気(毎日新聞)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)

“長島軽一両”五輪銀タイムにちなみ軽自動車特価販売(スポーツ報知)

 バンクーバー五輪のスピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎(27)の地元、北海道・池田町の整備会社が、シルバーメタリックの軽自動車1台を、特価34万8700円で売ることを15日までに決めた。レースタイム「34秒87」と長島の名にちなみ、銀メダル圭一郎34秒87→“銀メタリック軽1両(けいいちりょう)34・87万円”とシャレた、おもしろ企画。21日に地元凱旋パレードを控え、故郷の町はまだまだ盛り上がっている。

 大会序盤に日本中を感動させた2月16日(現地時間15日)のレースから、ちょうど1か月。長島の故郷の池田町で、タイムにちなんだ値段の車が売り出されることになった。

 シャレた企画を実行するのは、池田町の自動車整備会社「榎本ボデー工業」。榎本茂社長(61)が「地元から、ああいうすごい人が出るのはまれだから、記念に面白いことはできないか、と考えた」と発案。シルバーメタリックのスズキの人気軽自動車「Kei」を中古で仕入れ、特価で売ることを決めた。

 「銀メダルのケイイチロウさんだから、銀メタリックの軽1両ということで…」(榎本社長)。長島がメダル獲得を決めた、五輪のレース2回目のタイム34秒87にちなみ、車検付き34万8700円。同じ車種の中古車相場は60~70万円ほど。社長が企画なしで売るとしても「50万円以上」の値段を付ける車というから、大安売りだ。「タイムがもっと遅かったら、もう少し高く売れましたが…。でも、お祝いなので、赤字覚悟ですよ」と苦笑いの太っ腹社長。整備をし、近日中に展示、予約を受け付ける。希望があれば、ナンバーも「3487」を付けるという。

 メダル獲得後に、地元店で「銀メダルお好み焼き」などが登場し、お祝いムード一色の池田町。21日には凱旋パレードが行われる。お好み焼きを販売していた喫茶「道楽」の店主・福島浩司さんは、所有する銀色のオープンカーをパレードの選手搭乗車として貸す予定で、すでに「3487」ナンバーを取得した。「まだ、池田町は盛り上がってますよ」と福島さん。五輪は終わったが、北海道の小さな町の“アツい冬”は続く。

 【関連記事】
小平が500で4位…スピードスケート
長島も田畑も穂積も!道産子メダリスト栄誉賞ラッシュ
長島巨人だ!バンクーバー銀メダリストが開幕戦で始球式
及川が連日の2位…スピードスケート

キャバクラ労組が歌舞伎町デモを予定(スポーツ報知)
たまゆら火災 住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要(毎日新聞)
元福岡市助役らに7億円賠償命令=特別背任で有罪-福岡地裁(時事通信)
同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告-東京医大(時事通信)
コンビニ店長、路上で売上金63万奪われる(読売新聞)

9500万円減額の修正予算案可決=竹原市長はまた欠席-阿久根市議会委(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が市議会出席を拒否している問題で、同市議会予算特別委員会は17日、市執行部側の提案による2010年度一般会計当初予算案を約9500万円減額修正し、総額101億700万円とする議員提案を賛成多数で可決した。竹原市長は引き続き欠席した。
 同日は市長のほか執行部全員が欠席。修正案提案議員は予算減額の理由について「執行部が説明や質疑に応じない状況では、内容が不明確」と述べた。減額の中身は市長が公約に掲げていた給食費補助関連経費など。修正案は26日の本会議で採決される見込みだ。 

直接支払制度の完全実施、さらに1年延長―厚労省(医療介護CBニュース)
医師会共同利用施設は無くてはならない存在―日医委員会(医療介護CBニュース)
<詐欺容疑>元政策秘書を再逮捕 別の知人から4000万円(毎日新聞)
旧経営陣に18億円賠償命令=足利銀の2人-宇都宮地裁(時事通信)
民主・輿石参院議員会長「国民は我慢して」 支持率低下に(産経新聞)

<大阪城公園>舗装路が陥没…深さ0.9メートル(毎日新聞)

 14日午後1時ごろ、大阪市中央区の大阪城公園天守閣前広場でアスファルトで舗装された通路の一部が突然陥没した。当時、現場周辺には観光客ら約100人がいたが、けが人などはなかった。大阪市東部方面公園事務所が陥没の原因を調査している。

【写真特集】日本の城

 公園事務所によると陥没した穴は直径が約2.3~1.7メートル、深さ最大約0.9メートルの楕円(だえん)形。付近には雨水を流すための直径約15センチのコンクリート管が約1メートルの地中に埋められている。【広沢まゆみ】

【関連ニュース】
<ニュース写真>陥没:道路に穴…バイクの男性が転落、けが 東京・千住(08年8月)
<ニュース写真>陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州(09年12月)
岩手・宮城内陸地震の陥没現場(08年6月)

海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
子宮頸がん ワクチンで予防実現 高額費用…公費助成求める声(産経新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
常勤看護職の離職率が5年ぶりに減少(医療介護CBニュース)
民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)

六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発-東京国税局(時事通信)

 東京・六本木の不動産取引の仲介で得た所得を隠し、脱税したとして、医療機器販売会社「メディソル」(台東区)の須田真康社長(61)と、不動産関連会社「南平台プロパティ」(渋谷区)の宮坂博志社長(57)の2人が、東京国税局から所得税法違反の疑いで、東京地検に告発されたことが8日、分かった。
 関係者によると、六本木交差点近くの再開発をめぐり、須田社長は2006年、不動産売買を仲介した際、手数料として得た所得約3億8000万円を隠し、宮坂社長も仲介手数料約2億円について、別会社の所得を装い申告せず、2人で計約2億円を脱税した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税
山村紅葉さんがe-Taxで申告=京都〔地域〕
公認会計士を起訴=グッドウィル買収仲介脱税
犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう-GWG買収仲介脱税・東京地検

トラックは約43キロで交差点に突っ込んだ… 秋葉原殺傷(産経新聞)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)

直接支払制度に伴う融資状況を公表―福祉医療機構(医療介護CBニュース)

 福祉医療機構は、出産育児一時金の直接支払制度の導入に伴う医療機関の一時的な資金不足に対応するための経営安定化資金について、申し込みや審査の状況をホームページ上で公表した。

 公表されたのは2月26日現在の状況。それによると、相談件数は304件(病院44件、診療所248件、助産所12件)で、このうち既に資金を交付したのは150件(病院31件、診療所117件、助産所2件)だった。
 融資が行われていない154件の状況は、「相談の照会のみ」97件、「他の資金で対応した結果、申し込み者が申請を取り下げ、または申請が行われなかった」21件、「申し込み者が申請を準備中」13件、「機構で手続き中」21件で、相談中に機構から断ったのが2件あった。

 同機構では、断った2件の理由を「別の融資で、過去5年間の返済期間に6回の支払い遅延があった(ただし、その後完済)」「有限会社で、機構の融資の対象ではない」ためだと説明。「貸し渋り」の事実はないとしている。


【関連記事】
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予

<編集長インタビュー>「第2次思春期」の女性に「大人可愛い」を提案 「InRed」 大平洋子さん(毎日新聞)
日米密約 長く非公表「遺憾」 公開ルール検討へ…外相(毎日新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
里見女流名人が大社高を卒業(スポーツ報知)
無期求刑の男に懲役28年=強盗致死、裁判員裁判-静岡地裁支部(時事通信)

<秋葉原無差別殺傷>「人生最悪の日」被害者、涙の訴え(毎日新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第4回公判が9日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれ、被害者の証人尋問が始まった。この日は2人が証言。大学生の川口隆裕さん(当時19歳)ら友人2人を失った20代の大学生男性は「人生最悪の日だった」と涙ながらに話した。

 男性は事件当日、友人3人と遊びに来ていた。向かってきた被告のトラックを跳びよけて自身は軽傷で済んだが、近くで2人が倒れていたという。「一歩間違ったら自分も死んでいた。2人ともう一度旅行やゲームをしたい」と声を震わせ、「死刑は絶対。2人の痛みや恐怖を味わってほしい」と語気を強めた。

 背中を刺され下半身に重い障害が残った40代の会社員男性はつえを突いて出廷し、「今も左足首が動かない」と証言。被告席との間には遮へい板が置かれたが、遮へい板の向こうの加藤被告に「亡くなった人も私のけがも元に戻らない。どうしたらいいか考えて」と語りかけた。

 加藤被告はメモをしながら、両手で頭を抱える場面もあった。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
秋葉原殺傷:被告、殺傷認める 責任能力争う
2008年空から見た日本 事件・事故・災害

首相動静(3月5日)(時事通信)
男性ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)
普天間移設 首相「今月中に決断」(産経新聞)
再生エネ最大1・4兆円 電力買い取り費 家計の負担増加も(産経新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)

津波予測の「謝罪」で国交相と防災担当相に見解の相違(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は2日の閣僚懇談会で、南米チリの巨大地震に伴う津波予測を気象庁が「過大だった」と謝罪したことに、「果たして謝罪すべき問題なのか」と疑問を呈した。鳩山由紀夫首相もこの意見に「同感だ」と同調した。

 一方、中井洽(ひろし)防災担当相は同日の記者会見で「(津波)警報を出しても意味がないとなると、次回の警報が信用されなくなる」と指摘した。

【関連記事】
津波警報「もう1ランク設けたい」 中井防災担当相が検討表明
街路に横たわる大型漁船 「10メートルの津波」と住民 チリ大地震
青森・むつ市が津波の避難指示出し忘れ
チリ大地震でサッカー代表戦も中止 「多大な被害」
前原国交相、気象庁に「謝罪には当たらない」 津波の過大予測問題で
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<自民党>与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及(毎日新聞)
派遣法改正で修正案=共産(時事通信)
強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
男児の裸撮影、保育士逮捕=「好奇心から」と供述-広島県警(時事通信)
ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる-岐阜(時事通信)

<JR東日本>次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)

 スピード感あふれる愛称を--。JR東日本は2日、東北新幹線八戸-新青森間開業後の来年3月にデビューする次世代新幹線「E5系」の列車名公募を始めた。

【写真特集】これはカッコいいロングノーズだ…E5系の内外装をいろいろな角度からみる

 今年12月の開業当初は現行のE2系「はやて」でスタートし、3カ月後にE5系3編成(1編成10両)を投入、時速300キロ運転を開始。13年度末までに国内最速の時速320キロ営業運転を目指す。15年度末までには59編成のE5系車両を投入する。

 一方、八戸開業を契機に命名された「はやて」の名称は、地元からの強い要望を受け入れ、少なくとも13年度末の国内最速運転開始までは存続させる。

 JR東日本は「分かりやすさと同時に速さと快適性をイメージした愛称を」と話している。応募先はパソコン、携帯電話共通でjreast.co.jp/E5/

 郵便はがきは〒100-8691東京都銀座支店 郵便私書箱32号「新しい東北新幹線の列車愛称募集」事務局

 1人何点でも応募できる。締め切りはパソコン、携帯が4月1日午前0時、はがきは3月31日の当日消印有効。JR東日本社内で審査し、5月以降に発表する。当選者にはE5系をデザインしたオリジナル記念プレートが贈られる。【斎藤正利】

【関連ニュース】
【写真特集】顔みたいに見える可愛い新型800系…民家の軒先に!
【写真特集】ゆく列車くる列車…さよなら500系のぞみ、最後の雄姿
【写真特集】「はくつる」「ゆうづる」の懐かしいヘッドマークも…ふれあい鉄道フェスティバル
【写真特集】0系からE5系まで…鉄道高速化を担った新幹線図鑑

元「派遣村」村長、湯浅・内閣府参与の辞表受理(読売新聞)
青森~宮城で3メートル級大津波か 午後1時以降、太平洋沿岸でも恐れ(産経新聞)
山陽新幹線上り、新大阪―広島駅間で運転見合わせ(読売新聞)
遮断棒降りたまま JR関西線で8800人に影響(産経新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)

<育児休業>NPOが取得男性に月5万円支給 普及狙いに(毎日新聞)

 父親の育児を支援するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京都文京区、安藤哲也代表理事)は、育児休業を取得する男性を経済的に支援する「さんきゅーパパプロジェクト」をスタートする。改正育児・介護休業法が6月末に施行されるのに合わせ、「パパの育休」の普及を図るのが狙いだ。

 対象は4月から1年間育休を取得する父親で、産後4~8週間に限り月5万円(最大10万円)を支給する。年齢や収入額は問わない。9日から希望者を募り、作文などで対象者50人を選ぶ。資金は個人、企業からの寄付金を充てる予定で、出資者の募集も始める。

 厚生労働省の08年度調査によると、男性の育休取得者は1.23%(前年度比0.33ポイント減)で、女性(90.6%)を大きく下回る。休業中は雇用保険から給付金が支給されるが、支給額は休業前の月給の5割で、保険未加入の非正規雇用労働者などは支給されず、経済的な理由で取得をためらう男性が多いとみられる。

 安藤代表理事は「男性の取得率アップは、出産・育児で仕事をあきらめる女性を減らし、少子化のスピードを緩和することにもつながる。これを機に、男性も育児の楽しさに気付いてほしい」と話している。問い合わせは同法人(電話050・8884・4252)。【中西拓司】

【関連ニュース】
病児保育:10年度補助増額へ 小規模施設手厚く 厚労省
病児保育:補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
子育て支援策:「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増
学童に入れるために引っ越しを考える友人

「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)
大津波警報 青森~宮城に発令 午後到達、最大3メートル(毎日新聞)
小林議員進退「本人の意思」=首相が認識-参院予算委(時事通信)
遅咲き鈴木、夢舞台舞う バンクーバー五輪(産経新聞)
<病気腎移植>臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院(毎日新聞)

ハワイに津波到達 高さ1・5メートル チリ大地震(産経新聞)

 米メディアによると、気象観測当局者は27日、ハワイ州に高さ約1・5メートルの津波が到達したと語った。被害はまだ確認されていないという。

【関連記事】
国連、緊急支援の準備 チリ大地震
チリ大地震、米国が支援の用意
チリ大地震「壊滅的な被害」死者122人に ハワイに4・8メートルの津波の恐れ
南米の地震で日本への津波の影響 過去に5回 チリ大地震
死者78人、津波の被害も チリ大地震

羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
アフリカ開発協会40周年セミナー(産経新聞)
政府、津波警戒に全力=首相「1人の被害も出さない」(時事通信)
500系のぞみラストラン、「撮り鉄」対策で警備強化 28日にJR(産経新聞)
首相公邸改修費は474万円=政府答弁書(時事通信)

【科学】地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る(産経新聞)

 ■降水確率並み「予報」目標

 いつ、どこで、どんな規模の地震が起きるのか-。地震発生予測の精度向上を目指して、東京大学地震研究所は、国内外から公募した予測モデルの精度を比較する「検証実験」を実施している。“地震予測コンテスト”ともいえる検証実験を通して、「当たるモデル」の条件を科学的に探る試みだ。将来的には天気予報の降水確率のような、信頼性と分かりやすさを備えた「地震予報」に近づけたいという。(中本哲也)

 検証実験を始めたのは昨年11月。関東地方、日本列島(陸域)、周辺海域を含めた日本全域の3つの地域を対象とし、関東地方は約5キロ四方、日本列島と全域は約10キロ四方に区分し、地震発生数などを予測する。関東と日本全域は深さ100キロまで、全国の陸域で起こる地震は深さ30キロまでを予測範囲にした。

 大きな特徴は、予測期間が短く、被害の心配がない中規模の地震も対象としていること。マグニチュード(M)4以上の地震を対象とする1日、3カ月予測と、M5以上の地震の発生確率を予測する1年、3年予測の4コースを設定した。

 地震発生予測としては、政府の地震調査委員会が2005年から公表している「全国を概観した地震動予測地図」がある。阪神大震災を教訓に、全国の主な活断層や海溝型地震について長期評価を行い、30年以内の発生確率や地域ごとの大きな揺れに見舞われる確率を示している。

 しかし、活動間隔が数千年以上の活断層の場合、30年以内の発生確率は最大でも十数%にとどまり、「切迫度の実感がわかない」といった難点がある。また、新潟県中越や岩手・宮城内陸地震など、未知の断層や想定外の地域での大きな地震も相次いだ。

 一方、前兆現象の観測を前提とする「直前予知」が可能とされるのは東海地震に限られ、本当に前兆現象が起こるのかどうかも、「地震が起こってみなければわからない」というのが現状だ。

 東大地震研の平田直所長は「地震が起こるたびに『当たり』『外れ』を指摘するだけでは、次につながらない。大規模地震だけを対象とする予測や予知は、現実的な検証はできないという問題点がある。M4以上の地震だと1年に1000個ぐらい発生するので、短期間でも検証可能なデータが得られる」と、検証実験の意義を説明する。

 異なるモデルを客観的に評価するために、使用するデータは気象庁の地震カタログに統一。ルールや検証方法の骨格は、2006年からカリフォルニア地域限定で評価実験を始めている米国のプロジェクトに倣った。

 国内外の研究者に公募し、合計89件の予測プログラムが寄せられた。基本的な予測手法は、過去の地震データから「地震が起きやすい場所」を統計的に割り出すもので、研究者の着眼点によって、個性が出るという。最初の検証結果が得られるのは、5月ごろだ。

 将来的な目標は、天気予報のように分かりやすく、防災にも結びつく「地震予報」の実現だが、平田所長は「検証実験がすぐに地震予報につながるわけではない」ともいう。M5クラスの中規模地震と、M7~8級の大規模地震では、そもそも起こり方が違うと考える研究者もいる。

 「中規模地震での優秀な予測モデルが、大地震に適用できるとは限らない。しかし、信頼性の高い予測システムを構築するには、モデルの検証は絶対に必要。私たちはそのための“リング”を作ったのです」と平田所長は話している。

10対1の看護必要度「評価は毎日実施」(医療介護CBニュース)
石川衆院議員 続投改めて表明…帯広で「励ます集会」(毎日新聞)
裁判員裁判 初の死刑判断も 2人殺害 被告、強盗目的は否定(産経新聞)
<イベント火薬火災>重傷の女性が死亡 名古屋・違法に保管(毎日新聞)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)

<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)

 名古屋市議会の2月定例会は25日の本会議で、市の総合計画を新たに議決対象とする議員提出の「市会の議決すべき事件等に関する条例」案を全会一致で可決した。しかし、計画段階から議会に関与されることになる河村たかし市長は「全く議論をせずに条例を採決した」と非難、再議権を行使する考えを明らかにした。

 総合計画は、市政の基本的な方向性を定めるもので、現在12年度までの「中期戦略ビジョン」の策定が進められている。地方自治法上の議決対象ではないが、同法は議会が必要と認めれば対象に追加できるとしている。

 条例案は民主、自民、公明、共産4会派が共同で提出した。横井利明市議(自民)が「二元代表制の下、議会として総合計画の立案段階から市民の声を反映させ、積極的な役割を果たすことが必要だ」と提案理由を説明。審議をせずにただちに採決し、可決した。

 これに対し、河村市長は「議会の横暴だ」「議会帝国条例だ」などと議場で激しく抗議。議論が皆無だったことをとらえ、記者団に「そんな議会が総合計画について十分議論できるのか」と疑問を呈した。

 再議権を行使すれば市民税減税条例案に続き2回目となるが、再議決では3分の2以上の賛成で成立するため、議決を覆すのは困難とみられる。【丸山進】

公認会計士受かったけれど、直面する就職難(読売新聞)
【揺らぐ沖縄】普天間「県外移設を」 県議会が意見書可決(産経新聞)
<科学技術会議>環境問題と健康計画の2本柱に 骨子素案(毎日新聞)
厚生・社保病院存続で各党要請行動-全国連絡センターなど(医療介護CBニュース)
【自民党「苦悩」の現場】業界の支持団体 一枚岩 下野で変化(産経新聞)
プロフィール

Author:さかくらまつおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。